公民連携マーケット「ミナトパプパプ」大阪市港区 PPP

公民連携マーケット「ミナトパプパプ」|2019.7-2020.3(大阪市港区)

PPPよりPがひとつ多いPPPPの秘密!

大阪市港区のプロポーザル事業「令和元年度|産業振興に向けたにぎわい創出事業」で実施する公民連携マーケットの総称が「ミナトパプパプ」です。名前の由来は、全国で広がっている今話題のPPP(公民連携)。PPPとは(Public Private Partnership)の略で、公共サービスの提供に民間が参画する手法を幅広く捉えた概念で「官民連携」とも呼ばれ、民間資本や民間のノウハウを活用し、効率化や公共サービスの向上を目指すものとされています。今回は、PPPにプロジェクトのPを足して、ブリック・ライベート・ートナーシップ・ロジェクトの頭文字をとって「PPPP(パプパプ)」と名付けました。ミナトパプパプでは今年度6回ほどのマーケットを実施。港区の特徴を活かし、大阪港駅・朝潮橋駅・弁天町駅と、大阪のみなとまちには珍しく主要な鉄道の駅が3つ通っています。またこの3つのエリアはそれぞれ住む人、働く人、訪れる人が違うため、特性を活かした社会実験的なマーケットの企画を毎回取り入れていきます。どんなマーケットが展開されるかお楽しみに!

公民連携マーケット「ミナトパプパプ」大阪市港区 PPP
公民連携マーケット「ミナトパプパプ」大阪市港区 PPP
キラリと光る!公民連携マーケットの総称が「ミナトパプパプ」
 
 

ミナトパプパプ(ブランドロゴ・Tシャツ・ポロシャツ|2019年8・9月制作)

CL:大阪市港区役所 A:港まちづくり協議会大阪 AD+D+CW:藤田ツキト(シカトキノコ) P:H.sketch

公民連携マーケット「ミナトパプパプ」大阪市港区 PPP

公民連携マーケット「ミナトパプパプ」大阪市港区 PPP
公民連携マーケット「ミナトパプパプ」大阪市港区 PPP
運営スタッフは青いポロシャツ、ボランティアスタッフには濃紺のTシャツをプレゼント!ボランティアスタッフも絶賛募集中!06-6572-0017|港まちづくり協議会大阪)
 

メディア掲載情報

2019年10月7日(月)大阪日日新聞朝刊19面に「ミナトパプパプ」の記事をご紹介いただきました。(大阪日日新聞は大阪市内のファミリーマートでも購入できます)

公民連携マーケット「ミナトパプパプ」大阪市港区 PPP

天保山まつりワーキング会議で集まったミナトパプパプ「ベイクルマルシェ」の実行委員やボランティアのみなさん
 

ミナトパプパプ イベントレポート

「ミナトパプパプ」Facebookページはこちら
「第一弾|八幡屋グランピック vol.1」イベントページはこちら

イベント終了後にレポート掲載予定

 
この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます!

公民連携マーケット「ミナトパプパプ」大阪市港区 PPP

ミナトパプパプ「八幡屋グランピックvol.1」の記事はこちらをご覧ください!

地球のための地域デザイン 株式会社シカトキノコ ShikatoKinoko

<グランドデザイン> ワクワクするオトナを増やす!

興味があったら
問い合わせてみよう!

  • メンバーに入りたいので問い合わせる
  • 依頼したいので問い合わせる
  • 取材したいので問い合わせる
  • 相談したいので問い合わせる
  • もっと知りたいので問い合わせる
  • とりあえず問い合わせる

お電話でもOK!
お気軽にご連絡ください♪

06-6753-7485

(受付|平日10:30〜17:00)

Page Top